メインコンテンツまでスキップ
Knowledgebase
Home
Renesas Electronics Japan - Knowledgebase

Synergy S3シリーズでHOCO安定化時間の延長が必要な条件

最終更新日:2017/07/05

Question:

Synergy S3 MCUファミリーでHOCO安定化時間を延長しなければならない条件はありますか?

Answer:

HOCOが64MHzで設定された場合は、CPUは最大32MHz、ADCとGPTは最大64MHzで動作することができます。
この状況では、高速オンチップオシレータ待機制御レジスタ(HOCOWTCR)をデフォルト値ではない110に設定して安定化時間を延長する必要があります。この設定により、HOCO安定化時間が67.63usに延長されます。

この設定にした場合、SCI0スヌーズモード操作は2.4Kbpsに制限されます。詳しくは、S3シリーズのユーザズマニュアルのクロック発生回路の章をご参照ください。

適用製品

Renesas Synergy™ プラットフォーム
Renesas Synergy™ マイクロコントローラ