メインコンテンツまでスキップ
Knowledgebase
Home
Renesas Electronics Japan - Knowledgebase

e2 studioのプロジェクトをIAR EW for Synergyで使用する手順

最終更新日:2017/12/19

Question:

e2 studioで作成したプロジェクトをIAR EW for Synergyで使用する手順

Answer:

e2 studioで作成したプロジェクトをIAR EW for Synergyで使用する手順    
    
  本資料はe2 studioで作成したプロジェクトをIAR EW for Synergyで使用する手順を説明します。
  本資料は以下のRenesasRulzの記事を参考に作成しています。

  http://renesasrulz.com/synergy/b/weblog/posts/switching-from-e2-studio-to-iar-embedded-workbench-for-renesas-synergy

  ①IAR EW for SynergyのRenesas Synergy>New Synergy Project...を選択します。

   2000438_1.png

  ②ワークスペースファイルを保存するダイアログが開くので、e2 studioで作成したプロジェクトのルートディレクトリに保存してください。
   以下の例ではe2 studioで作成したプロジェクトはD:\tmp\for IAR\from_e2studio_project\sample\blinky_threadxがルートディレクトリです。

   2000438_2.png

  ③SSC/SSPの格納場所とライセンスファイルを選択します。

   2000438_3.png

  ④ワークスペースと同じディレクトリにプロジェクトファイルを保存します。

   2000438_4.png

  ⑤SSCでe2 studioで作成したコンフィグレーションファイルを開きます。(自動で開きます)
   コンフィグレーションに修正が必要な場合は修正後Generate Project Contentを行います。修正が不要な場合はそのままGenerate Project Contentを行います。

   2000438_5.png

  ⑥IAR EW for Synergyに戻りメイクを行う。
  (SSCは閉じなくてもIAR EW for Synergyでメイクすることが可能になっています)

   2000438_6.png

  ⑦以下のコンパイルエラーが発生する場合があります。その場合は以下の手順を行えばコンパイルエラーは発生しなくなります。

   2000438_7.png

  【コンパイルエラーを取り除く手順】
   1. プロジェクト>クリーンを選択しプロジェクトをクリーンします。

   2000438_8.png

   2. ルートディレクトリのsynergyフォルダとsynergy_cfgフォルダを削除します。

   2000438_9.png

   3. SSCを再起動し、Generate Project Contentを行います。(SSCを開いたままの場合は一旦閉じてからSSCを再起動してください。)

   4. プロジェクト>すべてを再ビルドを選択し再ビルドを行います。

   2000438_10.png

  以上の手順でe2 studioのプロジェクトをIAR EW for Synergyで使うことができます。

  以上

適用製品
Renesas Synergy™ プラットフォーム
Renesas Synergy™ ソフトウェア