メインコンテンツまでスキップ
Knowledgebase
Home
Renesas Electronics Japan - Knowledgebase

JTAGを介したデバッグ時のSynergyキットのスイッチ設定

最終更新日:2017/07/05

Question:

JTAGを介したデバッグを行うためには、Synergyキットでどのようなスイッチ設定が必要になりますか?

Answer:

Synergyキットでデバッグを有効にするには、JTAGセレクトDIPスイッチがONの位置になっていることを確認する必要があります。以下に、いくつかのSynergyキットでの設定例を示します。
必ずお客様のキットのユーザーマニュアルの最新版を確認し、最新の情報を入手してください。

DK-S7G2の場合:S5のDIPスイッチ6(JTAG)をONに設定します。
SK-S7G2の場合:スイッチの設定は必要ありません。
DK-S3A7の場合:S5のDIPスイッチ7(JTAG)をONに設定します。

DK-S7G2のJTAG DIPスイッチ例を以下に示します。他のキットではスイッチの位置が異なる場合がありますのでご注意ください。

2000094.png

適用製品

Renesas Synergy™ プラットフォーム
Renesas Synergy™ ソフトウェア