メインコンテンツまでスキップ
Knowledgebase
Home
Renesas Electronics Japan - Knowledgebase

GUIXで日本語表示する方法

最終更新日:2017/12/19

Question:

GUIXで日本語表示する方法

Answer:

Hello Worldアプリケーションノート(R12AN0021EU0114)を例に説明致します。

説明を簡易にするため、同アプリケーションを日本語表示だけにする方法を示します。

guiapp.gxpをGUIX Studioで開きます。
メニューから、[Configure]->[Languages]を選択し、[Language ID]を[Japanese [ja]]に変更します。
画面右のFontsをクリックしてフォント一覧を表示させ、最下部の"Add New Font"をクリックします。
表示されるEdit FontダイアログにおいてBrowseボタンを押し、適当な日本語フォントを指定します。
(例えば、GUIX Studioのインストールフォルダ内にある、fonts/kochi-mincho-subst.ttf)
同ダイアログにある"Include character set defined by String Table"のチェックを入れます。
必要に応じて、Font Name, Font Height, Font Formatを設定します。
Saveボタンを押して、ダイアログを閉じます。
画面右のStringsをクリックして文字列一覧を表示させ、適当な文字列の上でダブルクリックします。
各StringIdに対して日本語の文字列を入力し、最後にSaveボタンを押します。
文字列表示を行っている全ウィジェットについて、そのProperties ViewにおいてFontを上で追加したフォントに変更します。
メニューから、[Project]->[Generate All Output Files]を選択します。
GUIX Studioを終了します。
src/main_thread_entry.cにおいて、LANGUAGE_ENGLISHを指定している箇所を、LANGUAGE_JAPANESEに変更します。
プロジェクトをビルドし、動作を確認します。

適用製品
Renesas Synergy™ プラットフォーム
Renesas Synergy™ ソフトウェア