メインコンテンツまでスキップ
Knowledgebase
Home
Renesas Electronics Japan - Knowledgebase

GNU_ARMコンパイラツールチェーンをe2_studioとSSPに組み込む方法

最終更新日:2017/07/05

Question:

GNU ARMコンパイラツールチェーンをe2 studioとSSPに手動で組み込むにはどうすればよいですか?

Answer:

以下の手順に従ってGNU ARMツールチェーンを手動で組み込むことができます。

1) e2 studioの初期設定(Window > Preferencesで利用可能)で(以下のスクリーンキャプチャで示すとおり)C/C++/Renesas/Renesas Toolchain Managementを順に選択し、次いでGNU ARMツールチェーンがある場所にe2 studioを手動でポイントします。

2000081_1.png

2) Addをクリックすると、(以下に示すとおり)Add New Toolchainウィンドウが表示されます。

2000081_2.png

3) ツールチェーンパスの場所を入力してOKをクリックします。ツールチェーンが追加され、e2 studioに組み込まれます。

適用製品

Renesas Synergy™ プラットフォーム
Renesas Synergy™ ソフトウェア